So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

火定 [書籍]

火定A.jpg

火定 澤田瞳子 PHP研究所

時は天平、若き官人である蜂田名代は、光明皇后の兄・藤原四子(武智麻呂、房前、宇合、麻呂)によって設立された施薬院の仕事に嫌気が差していた。
ある日、同輩に連れられて出かけた新羅到来物の市で、房前の家令・猪名部諸男に出会う。施薬院への悪態をつき、医師への憎しみをあらわにする諸男に対して反感を持つ名代だったが、高熱に倒れた遣新羅使の男の面倒をみると連れ帰った行為に興味も抱く。

PHP・火定・カバーB.jpg

そんな中、施薬院では、ひどい高熱が数日続いたあと、突如熱が下がるという不思議な病が次々と発生。医師である綱手は首をかしげるが、施薬院から早く逃げ出したい名代は気にも留めない。
だが、それこそが都を阿鼻叫喚の事態へと陥らせた、“疫神”豌豆瘡(天然痘)の前兆だったのだ。
(PHP研究所 HPより)

TISギャラリー http://www.tis-home.com/toru-kageyama
nice!(0)  コメント(0) 

Extension World [書籍]

e2.jpg

エクステンション ワールド1発現 2覚醒 古谷美里 秋風清 著 須田友喜 訳 ディスカヴァー文庫

無口な高校生の宮本瞬は謎の組織〝SNP研究所″に拉致され、超能力者をつくる施術を受けさせられる。
数年後、地下の格闘大会に出場した瞬は、かつて組織の施設内で出会った高誠と出会う。高に導かれ雑居ビルの一室に足を踏み入れると、そこには同じように組織で超能力を身につけた仲間たちがいた。そして瞬は妹が組織に監禁されている事実を知る。家族を救うため、瞬と6人の超能力者たちは立ち上がるのだった……。

『Extension World』は日本と中国の共同創作小説。1巻は日本人の小説家が日本人を主人公として執筆し、2巻は中国人の小説家が中国人を主人公として執筆している。

TISギャラリー http://www.tis-home.com/toru-kageyama
nice!(0)  コメント(0) 

個展のお知らせ [インフォメーション]

よ.jpg

影山徹個展「パノラマ」
2017年10月30日(月)〜11月4日(土)
11:30~19:00(土曜日17:00まで)
ギャラリーハウスMAYA
http://www.gallery-h-maya.com/schedule/19251/

ギャラリーハウスMAYAでは装画の展示と、
岩崎書店より刊行の絵本『空からのぞいた桃太郎』を販売します。
MAYA2では新聞小説『薄暮』(篠田節子 著)の挿絵を展示、販売します。

nice!(0)  コメント(2) 

風の月光館 惜別の祝宴 [書籍]

横田3.jpg

風の月光館 惜別の祝宴 横田順彌 明治小説コレクション3 日下三蔵 編 柏書房

科学か?迷信か?押川春浪、鵜沢龍岳が挑む不可思議事件簿。
そして伊藤博文、乃木希典ら明治の英傑を巻き込む陰謀の驚愕の真相とは──
《空想科学探偵譚》最終章。

TISギャラリー http://www.tis-home.com/toru-kageyama
nice!(0)  コメント(0) 

消人屋敷の殺人 [書籍]

消人.jpg

消人屋敷の殺人 深木章子 新潮社

「包囲された館から一族16人が〈蒸発〉した」奇怪な伝承を持つ岬の突端の武家屋敷・日影荘。
ここに住む覆面作家の黒崎冬華を訪ねた女性編集者が行方不明となり、3ヵ月後、謎の招待状によって関係者5人が集められた。嵐の襲来で孤立する館、目の前で消え失せる家政婦。
最後に残るのは、一体誰なのか?

消人2.jpg

TISギャラリー http://www.tis-home.com/toru-kageyama
nice!(0)  コメント(0) 

70 CREATORS' SEVEN [インフォメーション]

ウルトラ.jpg
部分

ウルトラセブン放送開始50年特別企画展に出品してます。
2017.10.19(木)〜11.5(日)10:00~21:00
パルコミュージアム (池袋パルコ本館7F)
http://www.parco-art.com/web/museum/exhibition.php?id=1156&preview=on
nice!(0)  コメント(0) 

邪魔者 [書籍]

邪魔者.jpg

邪魔者 ミシェル・アダムズ 中谷友紀子 訳 小学館文庫

3歳のとき、わたしは両親に捨てられた。
理由もわからず叔母の家に預けられ、肩身の狭い思いをしながら育った。

9歳のとき、6歳上の姉・エルと再会した。
直後、叔母はすぐに引っ越すとわたしに言った。エルに居場所を知られないようにするためだった。
だが、姉はすぐにわたしを見つけた。

午前2時。突然鳴り出した電話にイヤな予感がした。
エルからの電話だった。
6年のあいだ避け続け、23回も番号を変え、引っ越しまでしたのに、
エルはまた易々とわたしを見つけた。
エルは、母親が死んだことをわたしに告げた。

29年ぶりに帰ったスコットランドの生家は、広々とした敷地をそなえた大邸宅だった。
だが、再会した父親がわたしに放ったのは「おまえは来るべきじゃなかった」という一言だった‥‥。

(小学館HPより)

TISギャラリー http://www.tis-home.com/toru-kageyama
nice!(0)  コメント(0) 

夢の陽炎館 水晶の涙雫 [書籍]

横田順彌2.jpg

夢の陽炎館 水晶の涙雫 横田順彌 明治小説コレクション2 日下三蔵 編 柏書房

永久機関に取り憑かれた科学者の執念、日露戦争帰還者の不思議な予言、絵から抜け出す幽霊などなど、超常現象の謎に迫る短篇集『夢の陽炎館』、南極探検に端を発する怪事件を描く長篇『水晶の涙雫』を収録。明治古典文化史を知り尽くした著者ならではの、読者をタイムトラベルへと誘うかのような生き生きとした明治時代と実在の人物群の描写が魅力の、奇想天外にして変幻自在のミステリSFシリーズ復刻第2弾。(柏書房HPより)

TISギャラリー http://www.tis-home.com/toru-kageyama
nice!(0)  コメント(0) 

文明の子 [書籍]

文明の子.jpg

文明の子 太田 光 新潮文庫

どこまでも飛んで行ける。想像力の翼があれば――。23世紀初頭、一人の研究者があるマシーンを発明した。それは人類の〈願い〉を叶えてくれる、神のような装置だった。彼の孫・ワタルはマシーンの試運転のために自分の願いを口にしたが……。文明とは、私たちの犯した過ちなのか。未来は閉ざされてしまうのか。

TISギャラリー http://www.tis-home.com/toru-kageyama
nice!(0)  コメント(0) 

ブルーローズは眠らない [書籍]

ブルーローズは眠らない.jpg

ブルーローズは眠らない 市川憂人 東京創元社

両親の虐待に耐えかね逃亡した少年エリックは、遺伝子研究を行うテニエル博士の一家に保護される。彼は助手として暮らし始めるが、屋敷内に潜む「実験体七十二号」の不気味な影に怯えていた。
一方、〈ジェリーフィッシュ〉事件後、閑職に回されたマリアと漣は、不可能と言われた青いバラを同時期に作出した、テニエル博士とクリーヴランド牧師を捜査してほしいという依頼を受ける。ところが両者への面談の後、施錠された温室内で切断された首が発見される。扉には血文字が書かれ、バラの蔓が壁と窓を覆った堅固な密室状態の温室には、縛られた生存者が残されていた。

ブルーローズは眠らない1.jpg

TISギャラリー http://www.tis-home.com/toru-kageyama
nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -